ロゴ
HOME>オススメ情報>長期優良住宅で長く快適に暮らそう【住宅購入前の豆知識】

長期優良住宅で長く快適に暮らそう【住宅購入前の豆知識】

女の人

長期優良住宅とは

家はデザインだけではなく長く住み続けるモノが求められています。それが長期優良住宅になります。平成21年に長期優良住宅の普及に伴い、法律が成立しました。その結果、国が定めている条件を抑えた住宅が必要になります。将来ずっと住み続け家が求められています。ちなみに家は寿命があります。日本の家の平均寿命は24年となって他国よりも短いと言われています。ただし、家のローンの平均は27年で払い終えた時には家の価値はなくなってしまいます。実際、それではやりきれないと感じるはずです。その結果、次の世代が再び、家を建て直さなくてはいけません。そうさせないためにも 2世代・3世代に渡って住み続けられることが可能な長期優良住宅が必要となっています。

インテリア

住宅を建築する際に押さえておきたいポイント

長期優良住宅は長く住み続けるために幾つかポイントがあります。ポイントをきっちりと抑えておくことで家は長期優良住宅になります。長期に使用するための構造及び設備がきちんと備わっていることです。次は周囲の環境に配慮して構築した家になります。さらに一定面積以上の住戸面積である住宅であることも条件です。設備はいずれ、劣化していきます。維持保全の期間と方法を決めておくと設備が長持ちします。実際、これらのポイントを抑えておけば長期優良住宅としての認定を受けられます。ちなみに住宅の認定は新築だけでなく増改築を行う場合にも認定を取得することが出来ます。ここでの増改築とは耐震改修工事や断熱改修工事以外になります。